一歩 / SIVKI

角すらないこの積み木を重ねているように
何を望んで 何を感じて 立ち尽くしているんだろう
もうすべて終わらせたいの?  
もう何も始まりやしないの?
でもここで待っていても
終わりなんてそんなには遠くない
誰もが思っているより
とても儚いこの道を

あと少しだけ歩いてみよう
ここに在るものはほんの小さな 
あなたの存在 でもすべての証明
奇跡は紛れも無くあなたの 足跡の中にあるから
たった一歩で世界が変わって行くだろう
あなたにはそれができるはず

鼓動の強さを確認されるように 
日々試されて
生きてるってことを必要以上に 
吠えながら今日も行くんだろう
素晴らしき人生において
勝ちや負けとかじゃないでしょう
どれだけの想いを抱いて  
どれだけ伝えていけるか
本当に価値のあるものは
あなたが描いてる足跡さ

あと少しだけ共に歩こう 限られた時間というこの道を
気がつけば始まりはもう見えない
知らない景色が広がって
自分を見失いそうなときは
ここが始まりだって思えばまた前に進める
だから自分の足跡を信じて

儚くても 君が居てくれたから

Foolish / SIVKI

そばにおいでよ その痛いほどの現状よ
永久に終わらないモグラたたき
逃げるが勝ちって誰かが言って誰かが回した伝言ゲームで
また誰かに縛られる

どうにもならないって時は
どうにかなるさって言い聞かせてみるけど
いつだって本当の自分自身はずっと最後尾のまんま

答えや結末を求めてる人達が
溢れかえるのが常識ならば
Stay foolish. Stay hungry.
無意味なほどの情熱で
理由を捨てろグッバイ

そばにおいでよ そのまばゆいほどの 将来よ
無駄のない梱包と連鎖の日々
ちょっとくらいの傷だけで不良品と見なされていくだけなんだから
おもいっきり転べばいい

どうにかしたいって時も
気合いだけじゃどうにも頼りない気がして
いつだってどうにかしてくのはきっと積み重ねた現状

不満や戯言で群れをなす人達が
つまらない世界へ変えてしまっても
Stay foolish. Stay hungry.
白けるほどの情熱で
自分を貫け

答えや結末を求めてる人達が
溢れかえるのが常識ならば
Stay foolish. Stay hungry.
無意味なほどの情熱で
理由を捨てろグッバイ
理由を捨てろグッバイ

Foolish
Sivki
2017/10/30 ¥200

混乱した蟻 / SIVKI

カマキリが死んだ 俺達はそいつに群がる
あきあきした暮らし それでも暮らし
しまいには共同生活すべるすべる蟻地獄
アゲハチョウを見つめて思った死にかけの午前四時

アリとカメは仲良し だから俺はウサギ
冬が来る頭くる おまえはキリギリス
ちょっと待って冬は怖い 準備なんかぜんぜんしてないし

Jealousy 蟻・蟻・蟻 混乱した蟻
North and South and West and East
混乱した蟻 どこへでもたった三匹

アシがもげた そんなアシほっとけ
あえてしょっぱい砂糖だけ舐めてやる
踏み潰されったってなんのこと
そう簡単にくたばりはしない
だけど待って冬は怖い 準備なんてぜんぜんしてないぜ

How Long Dose This Go On / SIVKI

今僕らが ゆかなければ
ほんの僅かなことで立ち止まるくらい大切に
今僕らが ゆかなければ
守るべきものが 守れない世界の中へ

今君がゆこうとしてる道は 君だけのものでしかないから
どんなふうに折れたとしても 立ち止まることはないだろう

今僕らが ゆかなければ
両手いっぱいに自分宛の手紙抱えて
今僕らが ゆかなければ
果てしないはずの 壊れた世界の中へ

How Long Does This Go On

今僕らが ゆかなければ
今僕らが ゆかなければ
守るべきものが守れない世界の中へ
果てしないはずの壊れた世界の中へ