一歩 / SIVKI

角すらないこの積み木を重ねているように
何を望んで 何を感じて 立ち尽くしているんだろう
もうすべて終わらせたいの?  
もう何も始まりやしないの?
でもここで待っていても
終わりなんてそんなには遠くない
誰もが思っているより
とても儚いこの道を

あと少しだけ歩いてみよう
ここに在るものはほんの小さな 
あなたの存在 でもすべての証明
奇跡は紛れも無くあなたの 足跡の中にあるから
たった一歩で世界が変わって行くだろう
あなたにはそれができるはず

鼓動の強さを確認されるように 
日々試されて
生きてるってことを必要以上に 
吠えながら今日も行くんだろう
素晴らしき人生において
勝ちや負けとかじゃないでしょう
どれだけの想いを抱いて  
どれだけ伝えていけるか
本当に価値のあるものは
あなたが描いてる足跡さ

あと少しだけ共に歩こう 限られた時間というこの道を
気がつけば始まりはもう見えない
知らない景色が広がって
自分を見失いそうなときは
ここが始まりだって思えばまた前に進める
だから自分の足跡を信じて

儚くても 君が居てくれたから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA