ヒカリ / SIVKI

ゲームicoの世界感をお借りして表現させていただきました。

────────────────
詞/曲 SIVKI

ヒカリ

あなたの記憶の中
私が始まったときから
途絶えることなく照らしてくれた
ヒカリで救われてた

それまでのココロは
影の世界を抜け出せずに
希望のカケラを両手に抱いて
暗闇に溶けていた

あなたに出会えたただそれだけで
まだ生きていたいと思った
ひとりで生まれて死んでゆくのは
この美しさが際立つように
光らせて鮮やかに咲き誇る季を

突然の衝撃で
ココロは激しく散らばった
一心不乱に集めたカケラで 
「大丈夫」をつくった

真っ白なココロに
空っぽが溢れこぼれる
明るい世界は眩しすぎるから
あなたさえ見えない

失くすものなんてなかったのに
大切なものが溢れる
まだ見ぬ美しき世界でも
あなたといないのなら意味がない
もう少しすべては私とともにいて

あなたの記憶の中にしかいない
わたしの存在がすべて
生きてきたこと生きていくことの
すべてのヒカリ

何もないところからはじまって
すべて私とここにある
あなたに続くすべてのものが
意味を成して愛おしくなる

あなたに出会えたただそれだけで
まだ生きていたいと思った
ひとりで生まれて死んでゆくのは
この美しさが際立つように
光らせて儚く咲き誇るすべてを
 
ヒカリでできた影
そこに隠れてる私を
いつまでも待ってるから
また見つけだしてね

────────────────

Airsong / SIVKI オリジナル楽曲

『Airsong』

Words & Music : SIVKI

そうさすべて受け入れなさい
小さな汚れた手をみなさい
その想いが尽きるまで
笑う必要はない

そうさすべて受け入れなさい
壊れた音で響かせなさい
出遅れた涙
強さと優しさの意味

Good-bye
伝わらない無音の声で
Good-bye
見えなくなるまで手をふったあの人に

いつか会える時まで 涙は流れぬように
呼吸をするような 感覚で別れた

そうさすべて受け入れなさい
単純に時が刻むことも
終わりを告げる前に
ただこの言葉だけ

Good-bye
伝わらない無音の約束で
Good-bye
地平で遊ぶ切なさがざわめいてる

無理に笑いながら 堪えきれず涙
あなたの温もりが ゆっくりこの大地に広がってゆく

──────────

メロディー / 玉置浩二(Covered by SIVKI)ピアノ&ストリングスアレンジ

玉置浩二メロディピアノストリングスカバー

大好きな玉置浩二さんの名曲をカバー。
ストリートをしていたときによく歌った曲。
父親の四十九日でも歌った、私にとって本当に思い入れがある曲です。

あえて原曲から半音下げ、あまり力が入らないようにしました。
感情を震わすようなストリングスは私が頑張ってアレンジしました。

Seesea / SIVKI ひとりバンド

Seesea

すべての楽器の演奏をひとりでやった音楽的究極の自慰行為ですw

『Seesea』

Words & Music : SIVKI

船の窓から顔を出して
君ならどの方向見るかい?
今来たこの道?
これから行く道?

空?
それとも海?

あんまり先を見ていたら 今走るこの風景
見逃してしまう ことだってあるかもしれない

こんなどでかい世界で
同じ道をいったりきたりで
迷子にさえならないさ
地図が焼きついてる

遠い世界の丘で 街一番の風に
吹かれるのは 複雑な迷路 抜けた人さ

誰もわかってはいない
一秒刻みの未来は
海を見れば君は思うだろう
ここは何処だと

あんまり先を見ていたら 今走るこの風景
見逃してしまう ことだってあるかもしれない

──────────

How long does this go on / SIVKI Short ver.

『How long does this go on』

Words & Music : SIVKI

今僕らが ゆかなければ
ほんの僅かなことで立ち止まるくらい大切に
今僕らが ゆかなければ
守るべきものが 守れない世界の中へ

今君がゆこうとしてる道は 君だけのものでしかないから
どんなふうに折れたとしても 立ち止まることはないだろう

今僕らが ゆかなければ
両手いっぱいに自分宛の手紙抱えて
今僕らが ゆかなければ
果てしないはずの 壊れた世界の中へ

終わらないさ
僕らの旅は
君がいれば
どうにかなる気がするよ

足を止める
無表情の雨に
でももう涙は流れない
だから僕ら ゆかなければ

How long does this go on…

──────────

How long does this go on / SIVKI オリジナル楽曲

How long does this go on

『How long does this go on』

Words & Music : SIVKI

今僕らが ゆかなければ
ほんの僅かなことで立ち止まるくらい大切に
今僕らが ゆかなければ
守るべきものが 守れない世界の中へ

今君がゆこうとしてる道は 君だけのものでしかないから
どんなふうに折れたとしても 立ち止まることはないだろう

今僕らが ゆかなければ
両手いっぱいに自分宛の手紙抱えて
今僕らが ゆかなければ
果てしないはずの 壊れた世界の中へ

終わらないさ
僕らの旅は
君がいれば
どうにかなる気がするよ

足を止める
無表情の雨に
でももう涙は流れない
だから僕ら ゆかなければ

How long does this go on…

──────────