時代を共に生きる人々(solo ver.) / SIVKI

月は太陽を追いかけてるの?
それとも太陽から逃げてるの?
すぐ側にいる君のことだって
分かってるふりをしてあんまりわかってもいない
大切に想うものはきっと
それぞれ違ってるようで、それほど変わらない

讃え合おう 時代を共に生きる人々よ
少しくらいずれながらも明日は皆に訪れるよ
途切れていた過去も すべては周ってゆくから
誰かの肩に委ねながら 運ばれてみてもいい

どれだけ話せば伝わるの?
それとも失くさないと気づけないの?
遠くにいる君のことだって
いつも気になりながら、気にしてないふりをして目を閉じる
捉え方ひとつできっと
世界は全く違って 色をかえていく

讃え合おう 時代を共に生きる人々よ
言葉じゃ足りないなら いますぐに会いにいくよ
迷っている今日も すべては周ってゆくから
自分の意志に委ねながら 飛び出してしまえばいい

呼吸をしているからきっと
こんなに苦しいほど 心が愛しい

讃え合おう 時代を共に生きる人々よ
少しくらいずれながらも明日は皆に訪れるよ
カタチのないミライもすべては僕らの希望
持ちつ持たれつ歩いてゆけば 吹き抜ける真新しい風
時代を共に生きる人よ 讃え合っていこうよ

時代を共に生きる人々(デュエットバージョン) / SIVKI

月は太陽を追いかけてるの?
それとも太陽から逃げてるの?
すぐ側にいる君のことだって
分かってるふりをしてあんまりわかってもいない
大切に想うものはきっと
それぞれ違ってるようで、それほど変わらない

讃え合おう 時代を共に生きる人々よ
少しくらいずれながらも明日は皆に訪れるよ
途切れていた過去も すべては周ってゆくから
誰かの肩に委ねながら 運ばれてみてもいい

どれだけ話せば伝わるの?
それとも失くさないと気づけないの?
遠くにいる君のことだって
いつも気になりながら、気にしてないふりをして目を閉じる
捉え方ひとつできっと
世界は全く違って 色をかえていく

讃え合おう 時代を共に生きる人々よ
言葉じゃ足りないなら いますぐに会いにいくよ
迷っている今日も すべては周ってゆくから
自分の意志に委ねながら 飛び出してしまえばいい

呼吸をしているからきっと
こんなに苦しいほど 心が愛しい

讃え合おう 時代を共に生きる人々よ
少しくらいずれながらも明日は皆に訪れるよ
カタチのないミライもすべては僕らの希望
持ちつ持たれつ歩いてゆけば 吹き抜ける真新しい風
時代を共に生きる人よ 讃え合っていこうよ

あなたがいないこの世界で

まだ心はどこにもたどり着けないまま
私だけに見えるモノクロの場面
呼ばれた気がして手を伸ばしてみるけど
感触のない平行線
歪な風が吹き我に返る

あなたがいないこの世界で
私だけまだここにいる
消えゆく事実を感じてゆくほど
ここに在るという確かさが胸を裂く

零れる涙を辿ってあなたを探してしまう
流れてしまった色彩達を集めるようにして
救いあげたのは今にも泣き崩れそうな愛のカタチ

あなたはもう怖がらないで
何も失くすことなんてないから
無力な私にできることなんて
あなたの分の悲しみを受け止めることくらい

せめて私だけはあなたの前から
消えないように消えないように

いつか皆同じところへ行くならば今すぐ会いたいと願う
でも与えられた命が燃え尽きる先に
あなたが待っている世界が広がってる
静寂な命を強く握りあなたまで
生きる

狼を追う羊

死にかけてる羊を演じる狼が
弱肉強食を今頃になって恐れている
闇を狂わす数百匹の羊

牙に埋もれた欲望の中で
不自由なく生まれてくる狼達
繰り返し繰り返される闇も光も
すべて平等に繰り返されるべきだろう

深い眠りにつける闇が欲しい
君を追うための光が欲しい
そんなことを考えながら 羊は狼を追う

飢え死にしかけてる狼を演じる羊が
血だらけの身を堪え走ってる
光を埋め尽くす数百匹の狼

逃げることしか知らない中で
立ち向かう羊達
繰り返し繰り返される闇も光も
二つは同時には生きられないのか

深い眠りにつける闇を恐れ
追われるための光をおそれ
戻ることはできない 狼は羊を追う